製菓、製パン材料の通販サイト「cotta(コッタ)」がおすすめ!実際に利用したメリットとデメリットを紹介。

この記事は製菓、製パン材料の通販サイト「cotta(コッタ)」の利用してみたメリットとデメリットについて書いています。

実際にcottaを月1利用している立場からの正直な感想です。

こんな人に読んでもらいたい

・お菓子、パン作りが好きな人
・cottaが気になっている人
・製菓、製パンの通販サイトを探している人

cotta(コッタ)とは

cotta(コッタ)は、お菓子、パン作りをする人のための通販サイトです。

業務用アイテムを個人でも使いやすい単位で販売しています。

製菓、製パンアイテムの販売だけではなく、レシピの紹介や、ラッピング材料も販売しています。

以前、「がっちりマンデー」でも紹介されていました。

cotta(コッタ)がおすすめの理由

業務用アイテムのため価格が手ごろ

個人だけでなく法人にも販売しているので、価格が手ごろです。

例えば、パン作りをする人には必須アイテムの強力粉(春よ恋)ですが、cotta(コッタ)では2.5㎏が1353円で販売されています。

cotta 北海道産強力粉 春よ恋100% 2.5kg

 

Amazonでは富澤商店の強力粉(春よ恋)2.5㎏が1782円(2020年9月5日現在)で販売されていますので、cottaが低価格で販売しているのがわかります。

安定した商品の品ぞろえ

コロナウイルスのため、強力粉やベーキングパウダーがスーパーから消えた時期がありましたが、cotta(コッタ)では購入することができました。

製菓、製パンの専門サイトである強みだと思います。

キャンペーンが多い

通常、cotta(コッタ)では送料が600円(6000円以上の購入で200円)かかります。ですが、キャンペーンを頻繁に実施しており、送料が無料になることが多くあります

また、日替わりセールも実施しているので、製菓、製パン用品が激安で手に入ることもあります。

どすこいママ
どすこいママ

いつサイトを訪れても、新しいセール情報に出会えるので1日に1回はチェックしています!

リピート割引(購入割引)がある

定期的にお菓子やパンを作る人にとって嬉しい、リピート割引(購入割引)があります。商品によって割引率が異なりますが、2回目以降の商品は5%~15%の値引きがあります。

どすこいママ
どすこいママ

会員を大切にしているのが伝わってくるサービスだね!

レシピの質が高い

cotta(コッタ)では、お菓子・パン・お料理のスペシャリストとして多方面で活躍し、情報発信力と再現性の高いレシピ開発力を持った人のレシピを無料が無料で公開されています。

また、辻口博啓シェフをはじめとする有名シェフのレシピも公開されているので、スキルアップ間違いなしです。

レシピはこちらからチェックできます↓

cotta(コッタ)のデメリット

商品の到着に時間がかかることがある

通常1~5日以内の発送と言われていますが、注文から発送まで5日かかるのは少しタイムラグがあるように感じてしまいます。

余裕をもって注文することをお勧めします。

送料がかかる

一定金額を購入すると送料が無料になる通販サイトが多い中、cotta(コッタ)は最低でも200円の送料がかかります。

商品代金通常送料クール便手数料
0円~5,999円600円600円
6,000円以上200円200円

送料無料キャンペーンを実施していることがあるので、送料がかかるのが嫌な人はキャンペーンを狙って注文することをお勧めします。

cotta(コッタ)のおすすめ商品

とても品質の高い商品が多いcotta(コッタ)ですが、その中でも私が実際に使用し、買ってよかった商品をご紹介します。

パンこねマット

cotta パンこねマット

手ごねでパンを作るときだけでなく、お菓子の成型にも使える優れものです。マットなので、水洗いでき丸めて保管できるので場所もとりません。パンをこねてもマットがズレにくいのもおすすめポイント。cottaで購入してよかった商品ナンバーワンです。

WECK

WECK

食品の保存だけでなく、インテリアとしてもかわいいWECKもcottaで購入することができます。セール価格になっていることもあるので、お得に購入できますよ。手作りのお菓子をWECKに入れて保管するるのもおすすめです。

cottaオリジナルマフィン型(6個取)

cottaオリジナルマフィン型(6個取)

まるでお店で売っているような、もこもこきのこ型のマフィンを作ることができるマフィン型です。イングリッシュマフィンを作るときにも使えますよ。お菓子作りをする人なら1つ持っておいても損はありません。

気になる方はぜひサイトをチェックしてみてくださいね!

cotta(コッタ)はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました