子ども2人・専業主婦でも年間100万円貯金できる【節約術】を紹介します

どすこいママ
どすこいママ

こんにちは!アラサー専業主婦のどすこいママです♪

子ども2人・専業主婦でも年間100万円貯金なんて無理

そう思っていませんか?

私も専業主婦になるまではそうでした。

我が家は

  • 年収400万円台
  • アラサー夫婦+3歳と0歳の4人家族
  • 夫は会社員
  • 妻は専業主婦

といったように決して富裕層ではありません。

こんな我が家でもマイホームを持ち、年間100万円貯金することができました。

一緒に家計を見直してみましょう。

私が実践している節約術を紹介します。

広告

我が家の家計簿

夫の手取りは月25~26万円で、支出は以下の通りです。

費目金額
住宅ローン82,000円
奨学金14,000円
保険4,000円
インターネット代5,000円
スマホ代1,000円
幼稚園10,000円
お小遣い25,000円
食費40,000円
光熱水費13,000円
特別費50,000円
貯金6,000~16,000円
合計260,000円

我が家では夫の収入だけで生活できるように固定費を見直しました。

年間100万円の貯金を実現するために、給与以外の副収入を得ています。

  • 児童手当…30,000円
  • 懸賞…10,000円
  • ポイ活…10,000円
  • アンケートモニター…5,000円

上記の副収入に給与の残りを合わせることで月6万円の貯金が可能となりました。

支出の削減×副収入アップ

がカギとなります。

支出の削減

まずは支出を見直していきましょう。

スマホ代の削減

我が家のスマホ代は夫の格安SIMの代金のみです。

私(妻)のスマホ代は『0円』です。

小さな子供がいるため、スマホを使うのはほとんどが家にいるとき。

【楽天モバイル】 の無料の1GBの範囲内に収まっているため私のスマホ代は無料です。

食費を4万円以内の抑えるコツ

食費は毎月4万円以内に抑えています。

食費を抑えるために

  • ふるさと納税で米を注文する
  • お酒は懸賞でまかなう
  • 激安スーパーでお肉のまとめ買いをする

といったように食費の中でも『固定費』にあたる部分を節約することで、食事の質を落とさずに無理なく予算内に収まるようになりました。

光熱水費の削減

キャンペーンをしている電力会社の乗り換えをすることで、キャンペーンの特典をGETしています。

キャンペーンを実施している電力会社はエネチェンジ で比較することで簡単に見つけることができます。

キャンペーンの特典がもらえるだけでなく、基本の電気代を下げることも可能なのでぜひ1度シュミレーションしてみてくださいね。

車は持たない

子供ができたら車でおでかけするのが夢でしたが、実際に子供と生活してみて車は必要ないと判断し購入しませんでした。

3歳と0歳の子供を育てていますが、車がなくても十分生活できています。

副収入のアップ

いくら固定費を削減したところで限界はあるので、副収入をアップすることも重要です。

懸賞

懸賞で月に1~2万相当の商品券や食品・お酒が当選しています。

お酒はほとんどが当選品です。

ポイ活

最近TVでもよく取り上げられている『ポイ活』でポイントを貯めています。

私がやっているポイ活は

  • ポイントサイトを経由してショッピング
  • クレカ積立で資産形成をしながらポイントゲット
  • 銀行のポイントプログラムを活用して貯まる仕組みづくり
  • 企業の還元キャンペーンに参加
  • 1ポイントを1円以上の価値にして利用
  • ポイント投資

以上のポイ活で月に1万円程度ポイントをGETしています。

貯めたポイントは無駄遣いしないように、現金と考えて使うようにしています。

アンケートモニター

アンケートモニターで月5,000ポイント報酬を得ています。

アンケートモニターというと、『地味にアンケートに答えて3ポイント程度』というイメージを持つ方が多いかもしれませんね。

私も専業主婦になった最初の頃は、何社も必死にアンケートに答え、多いときで1か月1,000ポイント程度でした。

何社もモニターに挑戦した中でも、キューモニター というサイトのお買い物調査が1番効率よくポイントを貯めることができました。

1日約10分のアンケート回答で月に5,000ポイント近く貯めることのできるモニターサイトはここだけですよ。

まとめ

年間100万円貯めるための節約術を紹介しました。

固定費を削減することで、ちまちました節約をしなくても家計を維持することができます。

できるところから見直して、少しでも生活の不安をなくしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました